毛深い家系

私の家系はみんな毛が濃いです。

私の祖母も私の母も父方の祖母も父の姉もみんな毛が濃いのです。

私もその流れに逆らわず必要ない毛が毛は濃いです。

毛の量も多く、毛の太いのです。

これはもう遺伝としか思えません。

身内代々受け継がれたその毛深さにげんなりしていました。

こんなに毛深く生まれてきた事に父も母も恨みました。

このような家系に生まれてしまった事を嘆いていたのです。

そのようなタイミングが脱毛をするまでは常に続いていました。

このような家系ってありますよね!?私は如何ににもならない毛深世帯だったのです。

だから必要ない毛が多々ある事も文句がありながら「みんなそうだから」と放棄していました。

放棄して毛深い事を受け入れる事が最上の行動だと思っていました。

ただしそれは違ったんです。

私は何故一段と早く脱毛を受けなかったとすごく思っています。

私の父方の叔母が脱毛をしたのがきっかけでした。

あんなに毛深かったはずなのに久しぶりに見たら嘘みたいに必要ない毛がなくなっていて、目を見張りました。

しかも「如何にしたの?」と思わず聞きました。

そしたら叔母が脱毛サロンでの事を語ってくれたのです。

そんな訳で初めてまだ毛深い事を諦める事はないと思ったのです。

それまでは毛深い事なんて受け入れて、放棄して生きようと考えました。

けれども脱毛サロンというところでは極上に安い値段で脱毛が可能なと知って、直ちに行きました。

脱毛はこんな毛深い私にも効き目をくれます。

目を見張るような効き目です。

これで毛深さを受け入れないで済んでハッピーなです。

ムダ毛に葛藤する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です